<< Chaqru 「ハンガリーCafe」 手打ち蕎麦つきLIVE >>

バロンで予習

d0052353_1139985.jpg
テリー・ギリアム監督の最新作「ローズ・イン・タイドランド」が公開となり、早くすぐにでも観に行きたいです。ギリアム版不思議の国のアリスというふれこみだけど、どうなのかしら?とっても楽しみです。
ということで、ギリアムのファンタジーといえば「バロン」。この主人公も女の子だしと思って、予習もかねてDVDを買いました。なんと今、期間限定生産で¥1500くらいで売ってるのです!
製作費76億円という巨費を投じたうえに興行大失敗の悪名高い問題作品。かなり突き抜けていておもしろいです。く、くだらない・・・と思いながらも目が釘づけの映像。特に、ユマ・サーマンのヴィーナスのシーンが最高に素敵です。「バロン」の製作は1989年。こんなイマジネーションの塊のような作品を真面目に情熱をもって撮り続けているギリアム監督ってすごいと改めて感心しました。
[PR]
by matocopan | 2006-07-13 12:14 | 本/映画
<< Chaqru 「ハンガリーCafe」 手打ち蕎麦つきLIVE >>