<< ショコラ シルヴプレ ムーミン谷に移住? >>

ときめき☆ヴァレンタイン

d0052353_1023226.jpg
2月はヴァレンタイン!デパ地下が熱いです。今年はどんなチョコレートがあるのかと楽しみに、食の都「新宿伊勢丹」へ行きました。いつ行っても、伊勢丹のフードフロアはときめきます。果物、お惣菜、パン、ケーキ・・・おいしそうな食べ物がズラリ並んでいます。あれもこれもと目移りしますが今日のターゲットはチョコレートだと気を引き締めて、ヴァレンタインステーションへいざ!
チョコレートブースは女子の熱気ですごいことに。それにしても高いなぁ。1箱平均¥3000(1粒¥500?)。まさにお菓子の宝石と言われるお値段です。でもどれもこれもきれいでおいしそう。インポートコーナーには憧れのBoisser(ボワシエ)のペタルが!でも缶入りで¥6800・・・うーん、買えません。お値段がお値段なので、絶対に失敗はできないと、いつになく真剣に吟味です。あれもこれもすごく迷って、もう頭がパニックです。
そして結論、今食べたいのは
Henri Le Roux (アンリ・ルルー)の塩バターキャラメル"C.B.S"に決定!!いつもは高くて買えないとあきらめていたけれど、もうこの空間で完全に金銭感覚を失いました。でも、買って食べて後悔なし。こんなキャラメル初体験!濃厚なバター風味の甘さが口の中に広がってうわぁ~と思っていると、次に塩のしょっぱさというかコクのようなものが後からドーンとやってきます。塩がおいしいです!なんでしょうこの甘さは。強烈でした。すごい、さすが最高有数のショコラティエの称号は伊達じゃないのですね。日本にはこんな味はないです。なんか、おフランスの味がしました。メルシーボーク!
気がつけば、プレゼント用のチョコレートは買えずに、自分用のキャラメルを買ってこの日は終了となりました。チョコレート達よ、また来るから待っていてね。
[PR]
by matocopan | 2007-02-09 23:01 | おいしいもの
<< ショコラ シルヴプレ ムーミン谷に移住? >>