<< 冬の終わりの一仕事 なると屋+典座の2月のごはん >>

大村剛さんの花器と菓子

d0052353_10355877.jpg
古道具のようなキレイな錆色の器。錆モノは好きだけど、食器にしても大丈夫なの?と思っていたらなんと陶器でした。大村剛さんの作品は色も形もヘンテコなのにシンプルで潔くとってもかわいいです。
葉山のギャラリーhacoさんで開催中の「大村 剛展 2/21(wed)-3/4(sun)」では、大村さんの作品を使ってのお茶セットがいただけます。作品達に囲まれてのお茶はとっても贅沢な気分です。やはり器は実際に使ってみると、ぐっときます。グリーンみたいなブルーのような色がとってもキレイな器で飲むハーブティーはなにかとっても効きそう(?)な気分。やはり入れ物って大切だと思いました。
友人ひつじぼーしちゃんは、目の前に置かれた花器がほしいと眺めながら、お茶を飲んでいました。器を肴にお茶をするなんてなかなか粋です。
[PR]
by matocopan | 2007-02-24 22:33 | 展覧会・イベント
<< 冬の終わりの一仕事 なると屋+典座の2月のごはん >>