<< なると屋+典座6月のごはん 昼もyugue夜もYugue >>

欲望の街から

d0052353_15562610.jpg
たくさんの思い出とおみやげを抱えて、京都から帰宅。お友達がみんな田舎のお母さんのようにやさしくて、朝市で買った野菜や、近所のおいしいパンや、筍の煮物とかを持たせてくれました。無理を言って駅弁までつくってもらい、ちょっと申し訳ないほど。みんなどうもありがとう。また遊びに行きます。みんなもこっちに遊びにきてね!
そして帰りの新幹線で飲むビールはやはり美味いなぁ~
d0052353_1548360.jpg
家について心なしか(いや、確実に)行きより重たいBAGをあけると、中にはお宝がごっそり。しみじみと旅の思い出がよみがえります。いつ行っても素敵な何かに出会える草星さんは今回もとってもよかったです。すごく素敵な黒のような紺色のような墨色のような色の醤油さしはお店でみた時もきれいだなーと思ったけれど、家の机でみたらもっと素敵でとってもうれしいです。一目惚れの箸置きも偶然同じ作家さんのものでした。お名前を忘れてしまってショック。でもきっとまた出会えそうな予感がするので、その時にまた思い出せばよいか。
d0052353_15471712.jpg
荷解きを途中で中断してちょっと休憩。出町柳ふたばの豆大福はやっぱりおいしい。ごろごろ入った豆がとにかくおいしい。おなかいっぱいだけれど季節のものは食べておかないとばかりに買った水無月は黒糖入りでした。
今回も買い物に食べ物に大満足な京都旅行。でもまだ食べ切れていないものがいっぱいあって後ろ髪です。恐るべし京都・・・
[PR]
by matocopan | 2007-06-27 23:29 | おでかけ
<< なると屋+典座6月のごはん 昼もyugue夜もYugue >>