<< クリスマス便 ピエールとカフェオレとシナモンロール >>

シュトーレンがやってきた

d0052353_18171939.jpg
おいしいもの師匠達から届いた包み。なんだろうと紙を一枚破いた瞬間にきました。すごい、おいしい匂いがする!!!この一年何度となく聞いたAigues Vives(エグ・ヴィヴ)という名前。よくみれば紙袋に大きく書いてあるじゃないですか。きゃーーー期待に胸いっぱいにかわいい包みをほどいていくと、現れたの大きなすごいシュトーレン!ウワサのシュトーレンがついに我が家にやってきたのでした。M師匠、C師匠ありがとうございます!
d0052353_18173570.jpg
早速この大きな塊をいただこうと、カッティングボードをとりに行くと、いつも使っているパン用のでは乗り切らなくて、特大サイズのボードにドーンとのせました。それにしてもこの香りはいったいなにごとかというくらいバターとフルーツの混ざった甘ーい匂いが部屋に広がっています。これはもう食べる前からおいしいのが決定です。シュトーレンなんてものの存在をしったのはここ数年の話でそれまでは食べたことがなかったのに、もうこれなしのクリスマスは考えられなくなってしまいました。すっかりシュトーレンのトリコになってからは美味しいのやらそこそこなのまでいろいろ食べてきましたが、これはもう格がちがいます。段違いにおいしいーーー頭の中が???になるくらいおいしいです。なんでこんなに味がちがうのでしょう?衝撃的な美味しさです。世の中にはまだまだいろんなお菓子があるのですね。あービックリした。これから毎日少しずつ食べれると思うとそれだけで幸せになれます。うふふ・・・
[PR]
by matocopan | 2007-12-17 23:17 | 日々
<< クリスマス便 ピエールとカフェオレとシナモンロール >>