カテゴリ:素敵( 27 )

茶房展

d0052353_17105910.jpg

ギャラリー工(高円寺)の茶房展に行きました。陶器の作家さん、谷中陶衆のグループ展です。この日は併設のカフェで作家さんのカップでお茶をすることができました。ギャラリーの方に、カフェオレなら大きめのカップが良いと進められたので、村上さんのマグカップにしました。かぼちゃ色でとってもかわいいカップです。
DMにクッキー券がついていたので、お茶受けにKRANSEN さんのスパイスクッキーをいただきました。(ラクダとアリクイかな?)KRANSENさんのお菓子は北欧の香りがしてとってもおいしいかったです。
[PR]
by matocopan | 2005-10-08 16:54 | 素敵

小鳥モチーフ

d0052353_17195345.jpg
「生活の木」でかわいいものをみつけました。白い小鳥の石けん!ネロリの香りもとっても素敵です。
なんとなく、なるべく化学なものをつかわないようにしようと思いたって、石けんライフを始めて1年くらいたちますが、結果よかったのではないかと最近思います。肌荒れとかも少なくなったし、髪の毛も元気になりました。あと、臭いにすごく敏感になって化学と自然のものが、犬のように嗅ぎ分けられるようになりました。
ナチュラルなものはシンプルなものが多いので、たまにちょっとかわいいものをみつけるとうれしくなります。小鳥石けんLove&Peaceです。
[PR]
by matocopan | 2005-08-26 17:18 | 素敵

帰省のおみやげ

d0052353_18453785.jpg
今日のかわいいおみやげ。ひょっとこ饅頭。いっちょまえに水玉の手ぬぐいをまいています。
かわいい!!
[PR]
by matocopan | 2005-08-18 18:42 | 素敵

京都からのおみやげ

d0052353_1139444.jpg
行きたかったけどいけなくてがっかりしていたところ、京都のおみやげをもらいました。
青いお花柄の箱にリネンのリボン。箱の中にはYugueのお菓子とジャムがぎっしり!!きゃ~!さっそくクッキーをいただくと、いつものやさしいあの味が・・・幸せです。そして、季節のジャムは白桃でした・・・ふぅ~
そして、KitoneのエコBAG。お尻がちょっと丸くて、黒のギンガムチェックの飾りがついたシンプルBAG。パリっ娘気分です。このBAGをもってKitoneさんでお買い物をしてスタンプをあつめるとカフェでお茶サービスがもらえるようです。通いたいです!
そしてやはりとっても京都に行きたくなりました。
[PR]
by matocopan | 2005-08-17 22:36 | 素敵

いろいろギャラリーめぐり

d0052353_16251762.jpg

今日はギャラリーめぐりの一日。
銀座だし、ちょっとお洒落に浴衣でおでかけ。でもとっても暑くって汗だくです。
まずは銀座でQチャンの「そをす展」古いステキなアパートみたいな建物にギャラリーがいっぱいはいっているステキなところで建物探索に来ている人もみかけます。
今回は、布の作品と絵の展示の両方があっておもしろかったです。Qチャンの絵は不思議でかわいくてピリッとしていてかっこいいです。
ひさしぶりに会ったQチャンはセクシーなロックスターのようでした。


d0052353_1626595.jpg

そして次は新高円寺のギャラリー工さんの「夏の風物 ガラスとTシャツ展」雲や蟻んこや風船のイラストのTシャツと、ガラスのコップや風鈴のすずしげな展示でした。工さんの展示はいつもかわいいので好きです。
併設のCafeでは今回特別にルヴァンのパンが食べれたので、おやつにいただきました。自家製の梅ジュースと焼き立てパン。梅の実がごろんと一個ついてきてとってもお得です。ゆうこさんのスワンランチョンマットと、ユミルさんの小皿、なべちゃんの木皿がテーブルに並んでいる姿もとってもかわいかったです。

帰りは、ちかっぺも誘って老辺餃子で夕ごはんを食べました。
ステキな作品をみておいしいものをいろいろ食べて今日は充実した一日でした。
[PR]
by matocopan | 2005-07-18 22:58 | 素敵

ペーパーバックシリーズ

d0052353_1714222.jpg
デルフォニクスに行ったら、なんだかかわいいディック・ブルーナグッズがいろいろでていました。ブルーナ氏がグラフィックデザイナーをしていたころの、ペーパーバック(ブラックベアーシリーズ)のデザインをグッズ化するようです。ミッフィーちゃんもかわいいけれど、こちらのグラフィカルなものも好きです。お店のレジのところに、ベアのブックマークが置いてあったのでいただいてきました。この顔がやせたクマ、とってもかわいいです。
ところで、「ペーパーバック」って本なのになんでBAG?とずっと疑問におもっていましたが、BACKだということに最近気がつきました。日本にもかわいい装丁の安い本があれば良いのにな。でも、ブラックベアシリーズの本って中の小説はおもしろいのでしょうか?警部の表紙をよくみかけるけれど、推理ものとかばかりなのかな?
[PR]
by matocopan | 2005-05-20 20:14 | 素敵

as it isへ

d0052353_10543817.jpg
千葉のいったいどこにあるの?という山の中奥深くにある、古道具の美術館「as it is」に行きました。GWは田植えのオンシーズンなようで、植え立てのイネが並ぶのどかな田園風景がどこまでも続きます。どんどん町を離れ、山に入っていくといつのまにか広い別荘地の敷地へ。住所はこの別荘地の横ということなので、一周すれば見つかるだろうと進んでいくと、ありました。美術館というのとはちょっと違う黄色い土壁のお家です。

美術館に展示されているのは、和紙のお皿、農機具のようなもの、布地、ガラスビン・・・
骨董品というと、すごい豪家な家具とか想像しちゃいますが、ここにあるのはいいかんじに年を重ねた道具達です。日本のものもあれば、はるか大陸を渡ってきたもの、時代も場所さまざまな道具達が、縁あって集まってきましたと肩をならべています。なんとも不思議な空間です。

庭にある鉄のテーブルはいい色に錆びていて、外の緑としっくりなじんでいます。土壁の家、木のサッシは、雨風によってどんどん朽ちて行きます。それはすごく自然で美しいことだと思いました。
そんなお庭でいただいた挽き立てのコーヒーはとてもおいしかったです。
[PR]
by matocopan | 2005-05-04 20:37 | 素敵