<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ちばらきカフェ難民

d0052353_17292268.jpg

雑誌「自給自足」の築100年以上の家を探して特集に載っているのをみて、不毛のカフェ地帯ちばらきに一筋の光が差しました。カフェ難民には朗報の素敵な古民家カフェができたらしいのです。
fracoco(フラココ)さんは、本当に普通の住宅地にあります。しいていえばどの家よりも古いような気もしますが、こっそりそこにあります。ドアを開けると玄関があって、お店の方がスリッパを用意しながらお迎えしてくれます。お家みたいです。ドアはガタつくのでガン引きでやって下さいというのがおもしろかったデス。いいね、古民家!中は長い廊下があって思ったよりも奥にずっと広くて、お部屋がいっぱいありました。古いタイルばりの洗面所がとってもかわいくてツボでした。
今日は腹ペコだったので、朝どり野菜の玄米プレートを食べました。お野菜だけなのにハンバーグや揚げ物もあってとっても満足なボリュームです。盛り付けもとってもキレイだったのですが、食べるのに夢中で写真がありません・・・

d0052353_17565757.jpg
そして幸せに満腹になった帰路、もう一軒うわさの名店にはしごすることにしました。すごい紅茶マニアの店、すごくおいしいらしい。かなり本格的な紅茶が飲めるようだ・・・
閉店時間まで1時間しかないけどぎりぎりお店へ。とりあえず、メニューはありません。常時100種類くらいの茶葉があるらしいのですが、その時に一番おいしいお茶を出してくれるらしい。紅茶が選べない紅茶屋さん?
・・・・とにかくすごかったです。ケーキがマリー・アントワネットのようなゴージャスさ!味もすごくおいしくて感激しました。しかしデカイ☆店主が延々とケーキについての解説もしてくれます。紅茶は苦味が濃いのに、後に渋みが残らない不思議な紅茶でした。カップの温度がほどよくてすごく丁寧に淹れた味だと思います。ポットに入っている2杯めも3杯めもいやな苦さにならないのは名人芸です。この店すごい!
でも最後はケーキのボリュームに負けて、紅茶でケーキを流し込むといった具合になってしまいました。あーもったいなかったと後悔・・・ここはもう一度、リベンジしなくては!
[PR]
by matocopan | 2007-02-28 18:19 | おでかけ

冬の終わりの一仕事

d0052353_9343391.jpg
今年の2月は地球は大丈夫なのか心配になってしまうほど暖かです。梅はもちろん、桜も咲いてしまいそうな雰囲気です。うっかりしていたらもう春じゃないかとあわてて手前味噌づくりをしました。
味噌の仕込みは、空気中の雑菌が少ない気温の低い時期にします。低温の方が麹菌の働きも良く、大豆のタンパク質や油脂、米のデンプンなどを分解し、酵母菌や乳酸菌が味噌のなかでどんどん増えていくようです。菌はすごいな。麹を混ぜるときはおしゃべりするとその菌も入ってしまうらしいです。油断も隙もありません。
今年は地元の生協で、国産無農薬大豆とこしひかりの麹を買いました。お塩も奮発して国産のおいしそうな塩です。大豆+塩+麹=味噌ってなんてシンプル!

d0052353_9345111.jpg
去年は、雪の日に仕込んだのに少しカビてしまったので今年は対策として、上に塩の層で蓋をする作戦をとってみました。結果は10ヶ月後・・・どうなることやら。菌のみなさんよろしくお願いします。
[PR]
by matocopan | 2007-02-25 20:33 | 日々

大村剛さんの花器と菓子

d0052353_10355877.jpg
古道具のようなキレイな錆色の器。錆モノは好きだけど、食器にしても大丈夫なの?と思っていたらなんと陶器でした。大村剛さんの作品は色も形もヘンテコなのにシンプルで潔くとってもかわいいです。
葉山のギャラリーhacoさんで開催中の「大村 剛展 2/21(wed)-3/4(sun)」では、大村さんの作品を使ってのお茶セットがいただけます。作品達に囲まれてのお茶はとっても贅沢な気分です。やはり器は実際に使ってみると、ぐっときます。グリーンみたいなブルーのような色がとってもキレイな器で飲むハーブティーはなにかとっても効きそう(?)な気分。やはり入れ物って大切だと思いました。
友人ひつじぼーしちゃんは、目の前に置かれた花器がほしいと眺めながら、お茶を飲んでいました。器を肴にお茶をするなんてなかなか粋です。
[PR]
by matocopan | 2007-02-24 22:33 | 展覧会・イベント

なると屋+典座の2月のごはん

d0052353_17291428.jpg
2007年が始まって2ヶ月が過ぎようとしています。今年の目標、毎月なると屋さんの季節のごはんを食べること!それだけはなんとか守れそうです。本当はこんなお料理がつくれるようになりたいのですが。ちょっとそれは目標が高すぎるので、徐々にということで・・・
[PR]
by matocopan | 2007-02-23 17:27 | 横浜・鎌倉散歩

あれ食べたい!

d0052353_13385377.jpg
友達から、またあのパンが食べたい!あれ焼いてと熱烈にリクエストされるチーズパン。個人的にはシンプルなパンか、おやつパンが好きなのですがやっぱり喜んでくれる人がいるとその方がうれしいです。
チーズパンは焼いている時に窓からオーブンを覗くとチーズがグラグラ煮立ってる様子がおいしそう。焼き上がりもチーズがあふれている方がいいかんじです。
[PR]
by matocopan | 2007-02-17 13:37 | まとこパン

北欧気分でセラム

d0052353_11164474.jpg
外は寒いし、でも少し歩いたり運動もしないといけない時にピッタリのお散歩スポットをみつけました。
北欧家具屋「IKEA」ここなら広くていっぱい歩くし、室内なので寒くない。しかもいろいろお買い物もできて楽しい。うっかり買いたくなっても安いから安心だし便利だわ。
歩きつかれたら、カフェで休憩。IKEAのカフェはちょっと変わった味の北欧メニューが食べれるのでおもしろいです。この日のおやつは、日本ではなかなかお見かけしない「セラム」がありました!スウェーデンではポピュラーなお菓子で、ドーナツみたいにみっちり重たい生地の菓子パンに中に生クリームがたっぷりはいっています。もちろん、カルダモンもたっぷり。牛乳に浸して食べるのが流儀(?)なのですが、ここには牛乳がなかったので紅茶でがまんしました。でもおいしかったです。
北欧家具も素敵だけど、パッケージ天国スウェーデンの食品スーパーマーケットが日本に上陸すれば良いのにな。
[PR]
by matocopan | 2007-02-16 22:15 | おいしいもの

女の子はマリー・アントワネットの夢をみる

d0052353_10331110.jpg
2007年、最初の映画は、ソフィア・コッポラ監督のマリー・アントワネット!公開前からそのビジュアルイメージはかなりの評判でしたが、ストーリーはダメとのウワサ。それでもやっぱり、この映画は乙女としてみておかなければなりません。パステルカラーというか、マカロンカラーに彩られた鮮やかな映像には刺激されっぱなしです。華やかなドレスにまけないくらい、ゴージャスな宝石のように盛り付けられたスイーツが素敵でした。
マリー・アントワネットのイメージソースとして取り上げられるている
laduree(ラデュレ)のマカロンは何をどうしたらこんな味になるの?(友人談)というくらいおいしいらしいです。憧れが募ります。食べてみたい!こんなに豪華で美しいお菓子が売っているおフランスってすごい国だわ。

アトリエ染花のコサージュ付きに目がくらんで前売り券を買ってしまったら、劇場と上映時間の都合が合わなくて、危うく見逃すところでした。シネコンのネット予約に慣れてしますと、前売り券はとっても不便です。
[PR]
by matocopan | 2007-02-15 20:25 | 本/映画

本命チョコレート

d0052353_11292462.jpg
やはり今のチョコレート界の大本命と言えば、ジャン=ポール=エヴァン。ここは外せません。去年はあまりの行列ぶりに遠巻きに眺めていましたが、バレンタイン限定のプラリネが、他にない組み合わせですごく斬新!というショコラマニアのH子ちゃんに熱弁されて一緒に並ぶ決意をしました。
今年の限定プラリネはいちじく!メニューリストをみてもう食べずにはいられないと思いました。あと、今年のサロン・ド・ショコラ優勝のサフィル(サファイア)。こちらは残念ながら売り切れでした・・・ここのショコラは食べると口の中がプチサプライズです。とっても新しい味がします。そして必ずおいしい!来年の限定プラリネはどんなサプライズなのか、今からとっても楽しみです。
[PR]
by matocopan | 2007-02-14 23:28 | おいしいもの

よくばりショコラ

d0052353_1461696.jpg
チョコレートに完全に恋してしまっていたところ、今の気分にぴったりな石鹸をみつけてしまいました。とってもおいしそうなショコラ石鹸!やはり、おいしいものは体にも良いのです。カカオマスにはお肌をしっとり保ってくれる成分がはいっているので、乾燥の厳しい季節にぴったりなのだそう。
Savon de Siesta(サボン・デ・シエスタ)の石鹸はとってもちゃんとしているし、パッケージもとってもかわいいのでお気に入りです。香もほんのり自然でとても癒されます。それにしても、このショコラの石鹸は本当においしそうで困ります!この石鹸が終わったら、次はあずきの石鹸を使いたいな。
[PR]
by matocopan | 2007-02-13 20:05 | 素敵

ショコラ シルヴプレ

d0052353_13224264.jpg
世界中の高級チョコレートに翻弄される日々。もうバレンタインのアムール感はどこにもありません。チョコレートに恋してます。チョコレートを食べた時と恋愛している時の脳波は一緒というのはこういうことなのでしょうか?去年は、ベルギーの彼に夢中でしたが、今年はフランスの彼に夢中です。
Debauve et Gallais (ドゥボーブ・エ・ガレ)
シンプルで、豪華なパッケージにドキンとしました。白い艶のある紙に金色の紋章、ブルーのリボン。きっと高貴な方に違いないと、ちかずいてみるとチョコレートも色が濃くてツヤツヤしていてとっても綺麗。フランスで最も古くからある老舗で、マリーアントワネットも食べていたというです!でも、そんな肩書きとルックスにだまされてはいけないと、今回はハーフサイズの板チョコを1枚だけ買ってみました。
お店の歴史については
コチラ
甘くて、深い風味。文句なくおいしいです。甘すぎず、苦過ぎずシンプルに真っ当なチョコレートだと思いました。普通というと語弊があるけれど、奇をてらわずに、最高に普通で飛びぬけています。やっぱりチョコレートが好きだと確信させてくれました。
メルシー ボークー
[PR]
by matocopan | 2007-02-13 13:55 | おいしいもの