<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春一番

d0052353_14434698.jpg

雪で延期になった鎌倉遠足に行きました。雪の心配のない良く晴れた日でしたが、春一番が吹き荒れて、のきなみ電車がストップしてしまうようなそんな日。お日様は暖かくて春気分だけれど、風はまだまだ冷たくて・・・ポカポカ陽気の春が待ち遠しい。

d0052353_1440412.jpg

今日のおやつはベルグフェルドのハリネズミケーキ。こんな風貌ですが、中はしっとり洋酒の効いた大人味でナッツとレーズンぎっしりです。かわいいからって、子供が食べたらがっかりしちゃうかもしれないです。
[PR]
by matocopan | 2008-02-26 23:38 | 横浜・鎌倉散歩

朝寝坊の朝ごはん

d0052353_944246.jpg
最近すっかり春めいてきて、朝が起きられません。冬は冬で寒くて布団からでられませんが、暖かくなるとぼーーーとしてしまうのです。それでも朝はでかけなければ行けなくて、とりあえずお茶を沸かして、トーストを準備。バターをのせたらなにか顔ぽかったのでマロンペーストでラクガキを始める・・・自分がお母さんだったら遅刻ギリギリの時間にこんなことしている子供は叱りつけるでしょう。変な顔のパンを見てハッと我に返り、トーストを銜えながら部屋中を駆け回る。ゆっくりと朝ごはんが食べたいです。今年の目標は早起きにしようかな。とっても苦手ですけれど。
[PR]
by matocopan | 2008-02-23 22:45 | 日々

天然酵母の逆襲

d0052353_20265313.jpg
遊びにきていたNちゃんにもてつだってもらって、パン・ド・ミとオリーブオイルのパンを焼きました。年末より始めた酵母生活。だいぶこの子の個性も分かってきたようなと思っていたら、まだでした。上がりが弱め弱めと思っていたら、今回はぐぐっと元気にあがってきれいに割れるくらい。それはうれしいのだけれどクープをいれておいた所以外からバックリ行きました。わんぱくでもいい、たくましく育ってくれ・・・といった気分です。
[PR]
by matocopan | 2008-02-22 20:25 | まとこパン

イタリア土産をもらった

d0052353_14451471.jpg
先日のドイツ土産に続き、今度はマリさんからイタリア土産をもらいました。あぁぁ素敵~バラのお酒ですって!魔法の薬のようです。みんな旅行づいていてうらやましい。
[PR]
by matocopan | 2008-02-19 14:44 | 日々

味噌合宿

d0052353_16593834.jpg
去年の味噌作りの成功から、今年はNちゃんも誘って味噌作り合宿をしました。車に大鍋をつんで(鍋の中には大量のおやつが!)なぜか走り屋のような黒い車でやってきたNちゃん、ごくろうさまでした!
それぞれ5kgづつ仕込んだので、大鍋はあってもやはり家じゅうのボウルやら鍋やらを総動員。家のガスコンロに大鍋が二つ乗り切らないのが今回の盲点でした。でも無事にふっくら茹で上がった大豆ちゃん。つまみぐいしたところ、ホックホクで良いお味。これなら今年もおいしくできそうです。
[PR]
by matocopan | 2008-02-16 17:01 | 日々

バレンタイン大作戦

d0052353_16382348.jpg
今年のバレンタインは、花束だけあげました・・・なんて言うのはもちろん嘘です。最近、花束をいただく機会があってからすっかり家にお花がある生活が気に入ったので、バレンタインデーを口実にお花を買いました。お花ってかわいいけれどちょっと贅沢品ですよね。でも大事にすれば3週間くらいもつのでこまめにお世話をしています。最初つぼみだった花が開いていく様子がまた良いのです。

d0052353_1638492.jpg

チョコレートはデパートで直感で選んだフレデリック・カッセルのショコラBOX。フランスを中心に、世界で最も有名なパティシエ達で構成される団体「ルレ・デセール」の現プレジデントなのだとか!フランスの高級なデパートで背伸びして買ったようなそんな気分のチョコレートです。きちんと重厚に甘くてカカオがしっかり利いていて、わーおいしいなぁとしみじみ味わえる正統派ショコラでした。
買った日からどうしても食べてくて、一週間前から1粒ずつ食べていくクリスマスのアドベントカレンダーのような方式を採用してバレンタインデーを楽しみました。(なにか間違っていますが・・・)
[PR]
by matocopan | 2008-02-14 22:36 | 日々

ドイツみやげをもらった

d0052353_18294567.jpg
ドイツ旅行のお土産をいただきました。蚤の市天国だったそうでとってもうらやましいかぎりです。日曜日はスーパーすらお休みで、蚤の市しかやっていないそうです。そのかわり、街にはたくさんの市が建つらしく何箇所もはしごして回ったのだとか。いいな、いいな行ってみたい!
本場のバウムクウヘンやドイツパンの数々、ソーセージとビールの楽園・・・海外のおみやげは妄想がふくらみます。

d0052353_1831114.jpgミニサイズの馬カレンダーの中身はみたことのない馬のポートレイトが満載で衝撃的でした。一番お気に入りは、少女マンガのちょっと悪そうだけれど実は高貴な王子様ぽい黒馬。ウェイビーヘアーが素敵デス☆
[PR]
by matocopan | 2008-02-13 18:24 | 日々

PLUM BLOSSOMS TOUR

d0052353_16344216.jpg
毎度おなじみ、つくばのSingoster LIVING さんのライブイベントに行ってきました。あの空間でライブという特別な空気が好きで、かなりの出席率でおじゃましています。今日は私的今ナンバーワンの川手直人さんと、川手さんの友人のレイチェル・ダッドさんのライブです。レイチェルさんは「トリガスキデス!」ということで、店内は小鳥がかわいく飾られていました。あと「ミズガスキデス!」と言ってライブ中においしそうにコップのお水を飲んでいる姿がとってもかわいかったです☆
川手さんのギターはいつもどおり、ポツリポツリとつぶやきから始り、いつのまにかいろいろなことを語られていましたとさ。と言うかんじでとてもおもしろいです。ギターがしゃべっている独り言を聴いている気分になります。そして、レイチェルさんとのセッション。二人の世界はなんだか漠然と外国風でしばしのトリップ感をあじわいました。やはりライブは良いなーと今回も満足です。

d0052353_1635019.jpg

「PLUM BLOSSOMS TOUR
- RACHAEL DADD and NAOTO KAWATE - 」

は2008年3月ごろまで全国ツアー中です。しかも、各地の素敵なお店ばかり!京都のyugueさんでは2回もあるし、松山の予讃線車内というのもすごく興味深いです。これはどういうことなのでしょう?
まだまだ寒いけれど、ツアーの最後には梅や桜が咲くのかな。素敵~
[PR]
by matocopan | 2008-02-12 23:33 | 展覧会・イベント

良い森の姿

d0052353_14323558.jpg
牡蠣祭りの後は、森林組合の方に、森に連れて行ってもらいました。「さあ、今から山をつくりましょう」と言われてもなんのこっちゃですが、本当に土壌や木のことを調べて植林をしている方々。森って人が作ることもでききるのですね。原生林と人の手が入った森はどちらが良いとは一言では比べられませんが、なんともいごこちの良い森でした。聞いたことのない鳥の声がして、ひっそりとしていてなにか生きている空気を感じます。山とか林の中に行くといつもどこか怖さを感じるのにここは平気でした。森のスペシャリストと一緒だったからでしょうか?

d0052353_14435861.jpg
まるで、北欧の森のように素敵な風景。良いところだなーと思っていたら、もうすぐ高速道路の建設で削られてしまうそうです。なんとも残念。土地の人間でもないし、私が文句を言う筋合いもないのかもしれないけれど、やはり残念でなりません。生活されている方には必要な便利さなのかもしれませんけど。うーん。。。

d0052353_14512338.jpg
ところで、森で出会ったなにか。これはなんでしょう?井戸??
[PR]
by matocopan | 2008-02-10 23:58 | おでかけ

牡蠣祭り

d0052353_17352638.jpg
ちょっとしたタイミングでまったく知らない土地に行くことになりました。三重県尾鷲市。片道5時間の電車の旅です。前日の大雪にどうなることかと思いましたが、現地に電話をしてみると、名古屋の辺りは大雪らしいけれど、ここは降っていないということ。初めて降りた三重県は、一年中みかんが採れる土地らしくこちらより暖かい気候でした。

d0052353_17395486.jpg
この日は、牡蠣祭りが開催されていて町内が盛り上がっていました。みんなカゴに牡蠣詰め込んで歩いてます。ここの牡蠣は、海水と淡水が流れ込むキレイな水で育っていてとてもおいしいらしいです。
檜のわっぱによく焼いた炭をいれて沸騰させるわっぱ汁が食べられるというので早速いただきました。石をわっぱにぼちゃんといれると、あっというまにぶくぶく沸騰していきます。山作業の人達は日常的に石焼をしているらしく、山男のわっぱは焦げているんだという逸話を聞いて、ちょっとトキメキました。そして、このわっぱが形といい、造りといい、とっても好みでほしいなと思っていたら、販売してくれるというので迷わず買いました。創業明治20年の尾鷲わっぱ「ぬし熊」さんのもので、継ぎ目がとっても細かくてすごいのです。これで、お汁も良いけどご飯を盛ってもおいしそう。はるばる着た遠い土地で、思いがけず素敵な物に出会えました。
[PR]
by matocopan | 2008-02-10 23:34 | おでかけ