<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

福島の思い出

d0052353_17441719.jpg
おいしいお蕎麦屋さんの帰り道に、ヤギに遭遇。最近、ヤギは雑草を食べてくれるから庭付きの一軒家の人は飼うと良いともっぱらの評判・・・いつかお庭でヤギと犬が飼いたいとそんな野望を抱きつつ帰路へ向かうのでした。
[PR]
by matocopan | 2008-06-21 17:43

Fruit tree

d0052353_1731271.jpg

わいわいみんなで連れ立って、福島のあんざい果樹園さんに行きました。今回の目的は果樹園にある、utsuwa.galleryあんざいさんでの「Fruit tree  渡邊浩幸木工展」です。あんざい果樹園さんの樹木から作った渡邊さんのジャムスプーンとcafe in CAVEのスペシャルジャムのセットがあったりと、その時、その場所でしか味わえない展覧会の魅力たっぷりの素敵な展示でした。

d0052353_17101531.jpg
季節はさくらんぼ真っ盛りで、木に生った赤い実をつまみぐい。さくらんぼはお腹の中で発酵するから食べ過ぎるとお腹こわすよ!と言われながらもいっぱい食べてしまいました。食いしん坊達と一緒だからか、福島に行くといつも以上にいろいろいっぱい食べてしまいます。ここでは、食べることがとても自然であたり前に大切な事なのを思い出します。みんなでわいわい食べるご飯はとっても美味しかったです。
[PR]
by matocopan | 2008-06-19 17:01 | 展覧会・イベント

たまにはパンも焼いています

d0052353_13321190.jpg
大好きなロールパン。実に久しぶりのパン焼きで、ちょっといろいろ不手際がありましたがなんとか焼けました。本当はもっとキレイにロールになるはずですが・・・しばらくパン離れしてしまったので、またパンと仲良くやって行きたいと思う日でした。だって、やっぱり焼きたてアツアツのパンはおいしいのです。
[PR]
by matocopan | 2008-06-14 17:31 | まとこパン

北欧に行った気分で

d0052353_17465848.jpg
ギャラリー工さんへ秋山祐子さんの「mysing展」を見に行きました。いつも素敵な刺繍のお財布達。色もモチーフもかわいくて大好きです。本当は自分用にもほしかったけれど、今回はプレゼント用に1点選びました。自分のものを選ぶのも楽しいけれど、人にプレゼントの品を選ぶのも楽しいです。これ好きじゃない・・・て言われたらショックですけれど、あのお財布ならきっと気に入るはず!届くのが楽しみです。
この日は、KRANSENさんのcafeコーナーもあって、とってもおいしいにんじんケーキをいただきました。レシピ本も出されていてこれまたとっても素敵!北欧のお菓子はスパイスがいろいろ入っていて、材料はシンプルなのにとっても奥深い味わい。あぁ~北欧に行きたいです。
[PR]
by matocopan | 2008-06-08 21:41 | まとこパン

骨董市の夕ご飯

d0052353_17554219.jpg
毎月第一土曜日に開催される「木下骨董市」。商店街並ぶ骨董市をのんびり眺めるのが好きで良く出かけます。何軒かお気に入りのお店もあるのですが、毎回とっても楽しみにしているのは大洗港からくる魚屋さん。ここのイカめしは最高においしいのです。
本日、骨董の収穫はありませんでしたが、お魚屋さんのおかげで我が家はとっても贅沢な夕飯になりました。蛤が大きくて、お椀に入りきりません。蛤のおすましはどうしても色が濁ってしまって悔しいな・・・
[PR]
by matocopan | 2008-06-07 17:49 | 日々

日向夏

d0052353_1641795.jpg
いただきものの「日向夏」。名前の読み方すらわからなくて、ネットで検索してみると、ヒュウガナツという夏みかんの一種ということが判明しました。みかんの用に皮を剥いて食べてみましたが、甘くておいしかったです。トラディショナル(?)スタイルは、りんごのように皮を剥いて薄く削いで食べるみたいです。お好みで、お砂糖や醤油をつけるとか・・・世の中にはまだ知らない食べ物があるものです。

d0052353_1685010.jpg
いっぱいあって食べ切れなさそうだったので、ジャムにしてみました。もっと鮮やかな黄色になるはずが、茶色になってしまいました。ムムム・・・ジャムはむずかしいです。
[PR]
by matocopan | 2008-06-02 16:04 | 日々

双子の包み

d0052353_1334035.jpg
2人の友人からもらった別々の包み。同じお店だけど違うラッピング・・・

d0052353_1355971.jpg
開けてみると、なんと同じ石鹸でした。バラの香りのとっても素敵な石鹸!1つだったらもったいなくて使うのをためらってしまうけど、これならちょっと使ってしまおうかしら。この石鹸、お店には4種類あったらしいのですが香りまでまったく同じなんてすごい運命☆使う度に2人のことを思い出してしまいます。憧れの石鹸のうれしいプレゼントでした。
[PR]
by matocopan | 2008-06-01 23:01 | 日々